2011年7月アーカイブ

マイクロチップ挿入の補助金について

もし大きな災害が起きてペットと離れ離れになってしまったら・・・

マイクロチップが挿入されていることで固体識別が可能となり飼い主様の元へ戻りやすくなると思われます。

また海外へ転居される際は国によってマイクロチップが入っていないとトランジットさえ出来ない国がございます。

本年度横浜市と横浜市獣医師会によるマイクロチップ挿入に対して補助金が交付されております。

補助金は2000円です。当院でのマイクロチップの挿入費用が6300円ですので差し引き4300円でマイクロチップが挿入可能となっております。

当院では現在4件分の補助が可能です。ご希望の方はお早めにお申し込み下さい。

 

暑い!

本当に暑いですね。

早朝から太陽がぎらぎらと照りつけています。

夏はいつもどうりにお散歩が出来ず、体重が増えてしまう子もいますので食事の量に注意しましょう!

 

今年はさすがに節電のため、自宅ではクーラーを最小限にしています。

扇風機やら、風鈴やらで何とか暑さをしのいでいます。

でも、私が小学生の頃なんかはそんな感じだったかな~。

風鈴を何個も部屋にぶら下げて、うちわであおいでみたり、

お父さん犬じゃないけど、扇風機の前で「あ"~~~」と声を出してみたり。

(今は子供が、「ワレワレハ、ウチュウジンデス」とやってますが。)

すいか、カルピス、かきごおり機のきょろちゃんで作った自家製かき氷を楽しんだり。

暑い夏を満喫してましたね!

 

我が家の末っ子の、かもめまゆ毛風のこの方は、暑さにハアハアしながらも

今日も軽いステップで遊んでます。

DSCN1945.jpg

(三田さん、やっと写真のせれたよ!一人で出来たよ!時間かかったけど・・・)

ありがとうございました

先日もご報告させて頂きましたが、6月いっぱいでこの病院を退職致しました。

前回のブログを見て最終日にご挨拶に来て下さった飼い主さんもいて、わざわざありがとうございました。飼い主さんたちに辞める事を伝えると、皆さん優しく声をかけて下さってとても嬉しかったです。

"5年"と言葉にしてしまえばほんの一言ですが、その間本当にいろいろなことがあり、時には辞めてしまいたいと思う事もありました。

子犬の出産に立ち会うこともあれば、亡くなる瞬間に立ち会わなければいけないこともありました。

たくさん笑ったし、たくさん泣いた私にとって思い出深い場所です。

先生はじめ病院のスタッフの皆さんには、いつも迷惑ばかりかけていたような気がします。

今まで大変お世話になりました。

一体この5年間で何匹の犬・猫たちに噛まれ、引っ掻かれたことかわからないほど、私の腕には未だに無数の傷跡が残っていますが、これも私が今まで頑張ってきた証です。

いつも今回は何を書こう?と頭を悩ませていた私の拙いブログも、これが最後となると何だかすごく感慨深いものがありますね。ブログの事で声をかけてくれたり、楽しみにしていますなんて言って下さる方も中にはいて、声をかけて頂く度私はいつもくすぐったい気持ちになっていました。ありがとうございました。

 

今まで頑張ってこられたのは私自身の頑張りももちろんありますが、それ以上に飼い主さんたちや病院の先生やスタッフのみんなの力添えのおかけだと私は思っています。

これからもまだまだ続く長い私の人生の中で、この病院で社会人のスタートを始められた事を私はすごく嬉しく思います。

飼い主さんたちにはもしかしたら、病院以外のどこかでお会いすることがあるかもしれません。

その際は声をかけて頂けたら幸いです。

それでは皆さんどうぞお元気で!

今まで本当にありがとうございました。   (6)_R.JPG

このアーカイブについて

このページには、2011年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年6月です。

次のアーカイブは2011年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。