横浜市都筑区のヒロどうぶつ病院のホームページです

サイトマップ サイトマップ
ヒロどうぶつ病院お問い合わせ:045-595-2678
スタッフブログ

横浜市都筑区のヒロ動物病院

シャンプー2 ( 2011年4月 5日 )

この度、被災された方々に心からお見舞い申し上げますとともに

一日でも早く被災者の皆様が平穏な日々を過ごせるよう心よりお祈り致します。

そしてたくさんの動物たちも被害に合い、保護されている中、一匹でも多くのペットが家族に出会えるよう心より願っております。

 

 

遅くなりましたが、前回の続きのケンちゃんのシャンプー、グルーミングの模様をお伝えしたいと思います。

まずはシャンプー前にブラッシングをします。

面倒だからといってこれを怠ると後で大変です。

ケンちゃんの場合は毛玉は無いので目の粗いブラシである程度の抜け毛を取り除きます。

CIMG4486.jpg CIMG4487.jpg   CIMG4489.jpg CIMG4490.jpgケンちゃんは二重毛なのでアンダーコート(下毛)があります。

犬種によっては毛のからみがあり毛玉があったりもします。

それをそのままにして洗ってしまうと、水分を含んだ毛は一枚のフエルト状になってしまい、ブラシで梳くことが困難になります。

こうなってしまったら、もう根元からカットするしかありません。プロにお任せしましょう。

無理にひっぱって痛い思いをするとブラッシングが嫌いになってしまいます。

毛玉になる前に定期的なブラッシングを心がけましょう。

ブラッシングが嫌いな子は大抵、痛い思いをしてる子です。ブラシ=痛い=苦痛なのです。

飼い主様とのコミニケーションのひとつとして子犬の頃から慣らしてあげる事によって、ブラシ=飼い主様と一緒にいられる=うれしいにつながるのです。

では、いよいよシャンプーです!

CIMG4492.jpgまずは肛門嚢をしぼります。臭いがきついのでシャンプーの前にすることをお勧めします。

肛門の両脇には肛門腺という分泌腺があり、そこに溜まる分泌物を定期的に絞りだしてあげます。

肛門嚢が溜まってくると、肛門周りを気にしたり、お尻を気にして床にこすりつけたりする事があります。

これを放置しておくと、炎症をおこしたり、最悪は破裂してしまう場合もあります。

ちょっと嫌がりますが、健康の為には必要不可欠です。

自宅で出来ない場合は病院や、ペットサロンでお願いしましょう。

アドバイスも致しますので、わからない場合は当院スタッフまで!!! 

 

三浦

 

トップへ戻る

横浜市都筑区 ヒロ動物病院のご案内

スタッフブログ

都筑区のヒロ動物病院スタッフのサービス

トリミング

ペットホテル

問診票ダウンロード

ヒロどうぶつ病院

〒224-0021
神奈川県横浜市都筑区北山田1-15-4
TEL:045-595-2678/FAX:045-595-2677

Valid XHTML 1.0 Transitional

正当なCSSです!

当サイトは、W3C勧告に従った正しい文書構成で制作されていることが証明され、上記バナーの使用許可を得ています。

都筑区のヒロ動物病院の関係団体

横浜市獣医師会

横浜市獣医師会

横浜市都筑区の動物病院

ヒロどうぶつ病院の登録証

登録証

(登録番号 83-024)

ヒロどうぶつ病院は動物の愛護及び管理に関する法律第10条1項に基づく動物取扱業登録済みの施設です。